未分類

ワードプレスで作成したサイトのアクセス数が『0』になった時のグーグルアナリティクスを使った解決法

ワードプレスで作成したサイトのアクセス数が『0』になった時のグーグルアナリティクスを使った解決法

青葉ヒロです。

今回は、ワードプレスで作成したサイトのアクセス数が『0』になった時のグーグルアナリティクスを使った解決法について、お話しします。

わたしのサイトのアクセス数が実際に0になったときに実際に行った方法です。

【衝撃事件】ブログサイトのアクセス数がすべて『0』に。

以下は、わたしが順番に確認したことについて書いています。

アクティブ ユーザーのリアルタイムを確認

まず、グーグルアナリティクスを開き、アクティブ ユーザーのリアルタイムを表示した状態にします(この場合、アクティブユーザーは0になっているはずです)。

その状態で、

  1. グーグルクロームなら、シークレットウインドウ
  2. マイクロソフトエッジなら、InPrivate ウィンドウ

を開き、自分のサイトにアクセスします(ワードプレスの編集画面ではない、webで公開している状態の画面を開きます)。

その状態で、グーグルアナリティクスのアクティブユーザーのリアルタイムを確認します。

もしここで、0以外の数値が表示されていれば、アクセス数は問題なくカウントされています。つまり、単純に訪問者がいなかったということ????

わたしの場合は、この状態で、アクティブユーザーのリアルタイムが0と表示されていました。

シークレットウインドウでサイトを開いているのに、グーグルアナリティクスが認識できていない、異常状態になっていました。

グーグルアナリティクスがアクセス数をカウントしなくなった理由

今まで正常に動いていたグーグルアナリティクスが、なぜ急にアクセス数をカウントしなくなってしまったのか。

それは、

  1. All in One SEOというプラグインの停止
  2. ワードプレステーマの更新

が関係していることが分かりました。

というのもアクセス数が0になった前日、わたし自身がそれらを実行していたからです。

それらが関係している理由については、グーグルアナリティクスを有効にする方法を基に考えるとわかりやすいです。

グーグルアナリティクスを有効にする方法

ワードプレスを使っていて、アクセス数の確認にグーグルアナリティクスを利用したことのある方なら、ウェブページの <HEAD> 内にグーグルアナリティクスのトラッキングコードを貼り付けたことがあると思います。

トラッキングコードの貼り付け方

Googleアナリティクスにログイン後、

「管理」→「プロパティ」にある「トラッキング情報」→「トラッキングコード」をコピーして、ウェブページの <HEAD> 内に貼り付ける

または、 All in One SEOなどのプラグインを使って、ワードプレスで作成したサイトにトラッキング IDを入力した方もいるかもしれません。

わたしが初めてワードプレスを使い始めたころ、よく訳もわからない状態で、プラグイン(All in One SEO)でトラッキングIDを入力しアクセス数を確認していました。

ところが、しばらくしてAll in One SEOは、不具合を生じやすいプラグインであることが分かり、停止することにしました。

その後は、トラッキングコードを<HEAD> 内に張り付けることで、グーグルアナリティクスを有効にしていました。

しかし、All in One SEOというプラグインの停止とワードプレステーマの更新によって、ウェブページの <HEAD> 内にコピーしたはずのトラッキングコードが消去されてしまっていたんです。

わたしが気付いていなかったのは、

グーグルアナリティクスと連携するプラグインの停止と、

テーマの更新により<HEAD> 内が整理(トラッキングコードが消去)

されてたこと。

これらが原因で、グーグルアナリティクスが正常に動かなくなっていたんです。

解決法

わたしの場合は、ウェブページの <HEAD> 内に再度トラッキングコードを張り付けなおしたら、正常に動くようになりました。

グーグルアナリティクスだけでなく、グーグルアドセンスやグーグルサーチコンソールなども同じ方法で正常に動くようになりました。

これからは、テーマの更新があったら、必ず <HEAD> 内に再度トラッキングコードを張り付けなおすようにしたいと思います。

ちなみに、トラッキングコードを張り付けなおした直後のアクセス数は3でした。

でも、0より断然うれしい。

いい経験になりました。

ABOUT ME
青葉 ヒロ
筋トレ歴3年ほど。 体幹ツイストでお腹の引き締め効果を実感。今は胸筋も鍛え中。 引き締まった体を作ったり、自由に使える時間を増やしたり、日々研究しています。