トレーニング日記

2019年9月20日 体幹ツイスト100回

 

今日は、体幹ツイストを100回行いました。

 

昨日は、500gくらいのダンベルを両手に持って体幹ツイストをしたのですが、今日は何も持たず、ただきちんとねじることを意識しました。

 

ダンベルを使ったトレーニングは、どうしても負荷――つまり、重さのせいで可動域(体幹ツイストで言うと、体をねじる幅)が小さくなりがちです。

 

ダンベルを使う日とダンベルを使わない日を両方つくることで、本来の可動域を体が忘れないようにしています。

 

わたしの経験上は、可動域が大きいほど筋肉の付く量も多くなります

 

しっかりと可動域を確保することで、体幹ツイストの効率を最大化できるように気を付けています。

ABOUT ME
青葉 ヒロ
筋トレ歴3年ほど。 体幹ツイストでお腹の引き締め効果を実感。今は胸筋も鍛え中。 引き締まった体を作ったり、自由に使える時間を増やしたり、日々研究しています。 自分で間取りを描いた経験を通して、無料で描ける間取りの描き方をYouTubeでも紹介しています。 興味がある方は、下のYouTubeのボタンから「まどりかく」というYouTubeチャンネルを見に来てください。