未分類

サラダの取り分けに便利なステンレス トング3選!

青葉ヒロです。

健康に気を使っている方で、毎日サラダを欠かさず食べるという方は多いのではないでしょうか。

わたしもサラダを毎日食べるようにしていますが、サラダをお皿に取り分ける際に気になるのがトングの形状です。

毎日使う物だからこそ、快適にストレスを感じることのないトングを選びたいですよね。

 

今回は、サラダをよく食べるという方に、サラダの取り分けに便利なステンレス製のトングをランキング形式でご紹介したいと思います。

ランキング1位
柳 宗理 ステンレストング 穴あき 日本製
おすすめ度
ひとこと左右どちらの手でも持ちやすく、穴は物がつかみやすく、詰まりにくい絶妙な大きさです。サラダだけでなく、炒め物などの料理にも使えます

公式ページAmazon

 

ランキング2位
遠藤商事 業務用 サラダサービストング 小 18-0ステンレス 日本製
おすすめ度
ひとことトング名に『サラダ』と付いているだけあり、サラダをつかむにはバッチリの形状

公式ページ(pdf)Amazon

 

ランキング3位
柳 宗理 ステンレストング 穴なし 日本製
おすすめ度
ひとこと穴あきでない分、汁をとどめておくことができるため、サラダだけでなく牛丼の具を取り分けたりにも使える。

公式ページAmazon

 

実際に使ってみたところ、柳宗理のステンレストング 穴あきは抜群に使いやすいです。

家で食べるサラダでは、ガっと挟んで1回で取り分けることができるため、手間が少なく、大きめの野菜もなんなく掴むことができます。

また、皿に最後に張り付くように残ったレタスや水菜なども問題なく掴むことができるので、食べ残しも少なくできます。

ステンレスなのは、衛生面では安心ですよね。

穴に物が詰まるのが気になる方は、穴なしを選ぶといいかもしれません。

ABOUT ME
青葉 ヒロ
筋トレ歴3年ほど。 体幹ツイストでお腹の引き締め効果を実感。今は胸筋も鍛え中。 引き締まった体を作ったり、自由に使える時間を増やしたり、日々研究しています。