筋トレ情報

【筋トレ×薄毛】筋トレしてもはげないぞ!証拠写真あり

筋トレすると本当に禿げるのか?

カッコイイ上半身になりたい人少しだけ薄毛に悩んでいる人
「筋トレをするとはげるって聞いたけど、実際どうなんだろう…。この話を聞いてから筋トレをする気が起きないよ…。筋トレは薄毛と関係あるのかな?」

 

こんな疑問に答えます。

 

この記事では、「筋トレと薄毛の関係性」を解説します。

 

記事の信頼度

この記事を書いているわたしは筋トレ歴3年ほど。

「なんだ、たったの3年かよ」って感じですが、中学生からボクシングをやっていたのでスポーツを目的とした筋肉トレーニングは20年ほどやっています。

現在は、「筋肉を増やすという目的」で筋トレを始めて3年といったところです。

筋トレするとはげるといった主張

筋トレすると本当に禿げるのか?

「筋トレをすると男性ホルモンが増えてはげる…」そういった話を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。

筋トレ初心者やこれから筋トレをしようと思っている人は、答えを知りたいですよね。

「今以上の自分を目指して筋トレをするのに、薄毛になってしまう…」なんてことがないように正しい知識を身に付けましょう。

筋トレは薄毛を引き起こす原因ではない

筋トレは薄毛を引き起こす原因にならない。

論より証拠を示しましょう。

ここでは、2つのケースで解説します。

  1. ボディビルダー
  2. プロスポーツ選手

ボディビルダーの髪の毛

以下の写真は、「日本クラス別ボディビル選手権」という、日本でトップクラスの選手たちが集うボディビル大会の最終選考の様子です。

2019年日本クラス別ボディビル選手権55kg級

男子は全8階級あり、写真は55kg以下級のもの。

ボディビルダー達の「髪の毛」にご注目ください。

※小さいかもしれませんので、下にアップした写真を階級別に掲載しておきます。

 

60kg以下級

 

65kg以下級

 

70kg以下級

 

75kg以下級

 

それでは、女性も見ていきましょう。

日本クラス別女子フィジーク選手権は、身長別に3階級で行われています。

女子158cm以下級

 

女子163cm以下級

他にも階級がありますが、ほぼ髪の毛の量は同様です。

過去の大会で上位入選の実績がある選ばれた選手だけが出場できるこの大会―

出場者は、相当な筋トレをしているはずです。

さて、気になる「髪の毛」は、いかがでしたか?

ステージ上のスポットライトの光で、どうしても頭皮は透けやすい状況だと思いますが、

男子で薄毛っぽく見える方もいれば、そうでない方もいますね。

ここで「やっぱりはげるんじゃ…」と思われた方は、ちょっと待ってください。

この大会の選手たちの平均年齢はいくつだと思いますか?

実は、上位者の平均年齢を調べてみると―

平均年齢は、45~50歳ほど。

髪の毛の量には、年齢も関係してきますから、薄毛の人がいても不思議ではありませんよね。

是非あなたの周りにいる40、50代の人の髪を思い浮かべながら、写真のボディビルダー達と比較してみて下さい。

わたしの職場の45~50歳くらいの人の中には、薄毛に見える方が多数います。

わたしの感覚では、先ほどの写真の方達と職場の同僚との髪の毛の差は認められません。

むしろ、ボディビルダー達の方が、髪にボリュームがあるようにすら感じます。

ちなみにこの大会には賞金はないです。個人出場の方も大勢います。

多くの方は「仕事をしながら限られた時間の中で筋トレをしている」方々なんですね。

ここまで体を鍛え上げていて髪にボリュームもあるって、すごいと思いませんか?

プロスポーツ選手の髪の毛

先ほどのボディビルダーと違い、プロとしてお金を得ながらスポーツをする「プロスポーツ選手」―

専業のスポーツ選手も多い分、ボディビルダー以上に筋トレをしている選手も多いはず。

例えば、サッカー日本代表のイレブン

日本代表サッカー選手の練習風景

プロの有名サッカー選手といえば、メッシやクリスティアーノ・ロナウドもいますが、全く禿げていません。

野球選手やゴルフ選手を思い浮かべても、薄毛に見える人は当然いますが、

「一般人に比べて薄毛ではない」様に見えます。

 

ここで分かるのは、「筋トレをすると→はげる」という理論は、成立しないということです。

プロスポーツ選手は、体を鍛えまくっている(筋トレをしている)はずですからね。

「スポーツをすることは健康にいい―」このことを疑う人はいないと思います。

スポーツって、何を動かしますか?

体ですよね。つまり、筋肉を使うんです。

筋トレもスポーツも、筋肉を鍛えていることに大差はないのに、筋トレだけが薄毛の原因になるなんて変ですよね。

では薄毛になる原因は、何なのでしょうか。

わたしは髪の専門家ではないので、実体験を話していきたいと思います。

実はわたしにも髪の毛が抜けて、薄毛に悩んだ経験があります。

仕事のストレスや睡眠不足などによる抜け毛

わたしが工事現場で仕事をしてた頃のこと―

労働時間が長く、夜勤もあり、食事も外食ばかりという不規則な生活習慣を送っていました。

 

さらに、上司によるパワハラなどから毎日強いストレスにさらされている状態。

スポーツしたりする機会は、月に1回程度。せっかく体を動かしても20分くらいが限度でした…。

何しろ、やる気が続かなかったんです。

もともとわたしは体毛が薄く、髪の密度も高くないので、

その頃は、頭に強いかゆみが有り、背中から撮られた自分の後頭部を見て「もしや禿げているのでは…」と感じたこともありました。

当時は知識がなかったのですが、医学的には、AGA(男性型脱毛症)を疑う状態だったのかもしれません。

髪だけでなく体全体が悲鳴をあげていたことから、

その後わたしは仕事を変え、夜勤なしで労働時間も以前の半分くらいの仕事に就きました。

リハビリも兼ねて、負担の少ない仕事を選びました。

病院にも定期的に通い、その後は頭のかゆみも徐々に回復。多少かゆい時はありますが、我慢できる程度―これなら市販薬で十分です。

体を動かす気力も自然に湧いてきて、定期的にジョギングもしていました。

そして、なにより―

以前のように抜け毛が気になることがなくなったんです。

前の仕事で多少薄毛にはなったかもしれませんが、抜け毛の進行を抑えることができています。

 

以上の経験から、わたしが考える薄毛の原因は、以下の3つです。

  1. 栄養バランスの偏り
  2. 不規則な生活習慣
  3. 過剰なストレス

筋トレ×栄養×睡眠で薄毛予防

筋トレ×栄養×睡眠で薄毛予防

考えてみると、工事現場で働いていた時は、睡眠時間も短く不規則でした。

ただでさえ毛量が多くないわたしにとって、

  • 寝ている間に届けられるはずの血液が十分に頭皮に届かない
  • (栄養が偏っていたので)届いていたとしても髪をつくる栄養が足りていない

といったことが薄毛を進行させていたのかもしれません。

仕事を変えたばかりで頭のかゆみや抜け毛が収まっていない頃、ジョギング時に頭がかゆくなったことがあります。

これは、ジョギングにより血流が良くなった結果だと思いますが、筋トレ中は血液が筋肉に流れ込みます。

全身運動の場合は、全身を血液が回るイメージです。

この血液は頭皮にも流れるため、頭皮の血流を促進します。

頭皮の血行を良くすることは、薄毛予防に効果的ですよね。

つまり―

  1. 筋トレで血行を良くし、
  2. 栄養をしっかり摂り、
  3. 睡眠で栄養を体全身へ行き渡せる

これらを実践することで抜け毛予防ができたんです。

※筋トレに限らず睡眠不足はやる気をなくさせます。睡眠が足りていない方は、まずは睡眠をとることから始めるのがおすすめ。

―以上がわたしの経験を通した考察です。

 

もしわたしが薄毛に悩むことになったら、筋トレを控えるのではなく、むしろもっと筋トレを行い、栄養、睡眠をしっかりとります。

それでもダメなら、病院やクリニックに相談をします。

というわけで今回は以上です。

少しでも薄毛に悩んでいる方の参考になれたら嬉しいです。

【実体験】筋トレ中に頭がかゆい時の対策はコレ!
【実体験】筋トレ中に頭がかゆい時の対策はコレ!筋トレ中に頭がかゆい人 「運動している時、頭がかゆくてたまりません。かゆみを和らげることって…できますか? 」 こんな疑問に答え...

 

ABOUT ME
青葉 ヒロ
筋トレ歴3年ほど。 体幹ツイストでお腹の引き締め効果を実感。今は胸筋も鍛え中。 引き締まった体を作ったり、自由に使える時間を増やしたり、日々研究しています。 自分で間取りを描いた経験を通して、無料で描ける間取りの描き方をYouTubeでも紹介しています。 興味がある方は、下のYouTubeのボタンから「まどりかく」というYouTubeチャンネルを見に来てください。