筋トレ情報

「筋トレが楽しいって…なんで?」って方向けの筋トレ実践講座

「筋トレが楽しいって…なんで?」って方向けの筋トレ実践講座

筋トレが楽しいと思えない人筋トレが楽しいと思えない人
筋トレが楽しいと思う人の気持ちがわかりません。筋トレしても、きつくなってくると止めたくなってしまいます。筋トレ楽しいという人はきつい時も平気なんですか?

 

こんな疑問に答えます。

 

この記事では筋トレはしたいけどすぐきつくて止めてしまう…といった方に、

  • 筋トレで楽しさを感じるポイント
  • 筋トレやっててよかったこと

みたいなことを紹介します。

「筋トレが楽しいって…なんで?」って方向けの筋トレ実践講座

「筋トレが楽しいって…なんで?」って方向けの筋トレ実践講座

筋トレってきついですよね。

よく分かります…止めたくなる気持ち。

 

わたしだって過去には止めたくなったことが何度もありました。

 

だけど―今は続けられています。

 

えっ

 

なぜかって?

 

それは、筋トレの楽しみ方が少しわかってきたから。

 

詳しく知りたいですか?

 

ではこれから

  • わたしが筋トレをしようと思ったキッカケ
  • 筋トレしててよかったって思った時

ってのを書きつつ、

筋トレを楽しむコツを紹介していきますね。

わたしが筋トレをしようと思ったキッカケ

わたしが筋トレをしようと思ったキッカケは、

普段よく話をする60代の同僚との会話でした。

 

同僚「おれが過去に精神的に疲れていた時、職場の人事異動があってなー

 

わたし「げっ、それ大変ですね」

 

同僚「うん。初めての部署だったからどうしたらいいかもわからなくて」

 

わたし「しかも精神的に疲れていたならなおさらですよね」

 

同僚「そうなんだよ。しかもその部署、肉体労働ばかりでな

 

わたし「へー、どんな?」

 

同僚「重たいものを持ち上げたりするんだけど、体力ある人と2人ペアになってて。その人、軽々と物を持ち上げててさ

 

わたし「すごい人ですね」

 

同僚「それでおれはその人に少しでも付いていけるように体を鍛えようと思ったんだ」

 

わたし「鍛えるって、どうやって?」

 

同僚「まぁ筋トレだね。ダンベルを買ってトレーニングした

 

わたし「ほうほう」

 

同僚「そしたら、少しずつだけど筋肉が付いてきて、体力的にも付いていけるようになってきたんだ

 

わたし「すごいですね」

 

同僚「筋肉が大きくなっただけじゃない。今まで精神的に疲れていたのがウソみたいに気持ちも明るくなってきたんだ

 

わたし「ええっ!精神的な疲れも取れて明るい気持ちになったなんて…」

 

同僚「だから筋トレするのは精神的にもすごくいいって思ってよ。良かったらやってみたら?」

 

わたし「えっわたしが?そうですねー????」

 

―という感じ。

 

その時はどうしようかちょっとだけ悩んだのですが―

1週間後には2kgのダンベルを買ってトレーニングを始めていました。

 

その頃わたしは今の仕事を続けるかどうか毎日悩んでおり、

答えを出せないまま仕事を続けていたので、少しでも精神的に安定すればいいな…というわらにもすがる気持ちでした。

 

だから、別に筋トレをしてビルダーになりたいとかは、今のところ考えていません。

ひょろひょろでイマイチ頼りない…という風にならないように筋トレをしている感じ。

でも―筋トレする前よりは断然精神的に安定してきたなって思います

悩みやコンプレックスを克服する手段としての筋トレ

誰もが悩みやコンプレックスを抱えながらこの世を生きていると思います。

中には人は言いにくい、そっと心の引き出しにしまっておきたいようなこともあるんじゃないでしょうか。

そんな時思いっきりストレス解消できたらいいですよね。

 

わたしの場合、体を鍛える以上に精神的な面で筋トレに期待することが多く、

それがこうして記事を書いている理由でもあります。

 

悩みやコンプレックスがほんの少しでも改善されれば、

それが筋トレでなくてもいいのですが―

最高ですよね。

 

女性の悩みでも、

  • 仕事の悩み
  • 人間関係の悩み
  • 体形の悩み

などいっぱいありますよね。

これらの一つでも改善できれば最高じゃないですか?

筋トレって大変なようですが、

「体や心を変えることができる手軽な方法」だと思います。

「忙しい女性にも筋トレをすすめられるか?」と聞かれたら「短時間で気持ちも安定するのでおススメです」と答えますね。

筋トレやっててよかった!と思える瞬間

筋トレやっててよかった!と思える瞬間

ここではわたしが「筋トレやっててよかった!」って思える瞬間を書き出してみたいと思います。

まず最初は、筋トレをした直後に感じられるパンプアップから―

筋トレ直後に筋肉の盛り上がりを感じる

筋トレをすると、筋肉に血液が集まります。

これによって鍛えた部位がパンパンになって、筋肉が盛り上がります

この盛り上がりは、鏡で見て分かるほど

※これをパンプアップと言います

一度パンプアップを経験すると、筋トレ直後に鏡を見たくなるんですよねー。

筋肉が太くなって体形が変わる

これは肉体的な部分と精神的な部分とに分かれます。

まず肉体的―

  • 単純に筋肉が大きくなってスタイルが良くなる
  • 筋肉が増えたことで代謝が上がり体が絞られる
  • 猫背が直り、背筋が伸びて姿勢が良くなる

など。

 

次に精神的―

  • スタイルが良くなって自分に自信が付く
  • 減量しやすくなり食事量を気にしなくて良くなる
  • 姿勢が良くなるとそれだけで相手に与える印象が変わる

 

以前から猫背がずっと悩みの種だった友人は、

「筋トレしたら猫背が直った!」とすごく喜んでいました

集中するので何も考えない時間が確保できる

筋トレは集中力が要ります。

だから筋トレをやっている最中に他のことを考える余裕はない

逆に言えば、筋トレだけに集中し他のことは一切考えない時間がとれるってこと。

これはその人の置かれている状況によっても変わりますが、

何も考えない時間ってのが意外と気分転換になることってあるんですよねー。

筋トレの他にも、散歩、ウォーキング、水泳、ゲームなどもそれにあたると思います。

日常生活のちょっとしたタイミングが特別になる

これは実際にわたしが経験したことですが、

筋トレをしていると日常生活のこんな時が特別な瞬間になることも。

  • 重そうな荷物を持っている人に代わりに荷物を持ってあげられる
  • パンチングマシーンなどで意外な高点数を出せる
  • スーパーで買い物かごだけあれば十分といった気持ちの余裕が生まれる
  • いざ海やプールで「もっと鍛えておけばよかった…」と感じなくて良くなる

 

などなど。

同性異性どちらからもすごいと言われる

同性からは「結構がっしりしててすごいねー」の様に言われ、なぜか鍛えているだけで認められます

 

異性からは「体つきがカッコイイけど筋トレしているんですか?」って感じで話題が増えたり、褒めてもらえます

 

これは単純に嬉しい。

だって筋肉ってすぐには付かないですから。

 

同性異性どちらにもすごいと言われるのは、

わたしの様にストレス解消を兼ねて筋トレをしている者にとってはまさに一石二鳥です。

筋トレを楽しむコツ【実践編】

筋トレを続けるコツ【筋トレ実践編】

どんなことでもある程度成果を出そうと思ったら習慣化は必要ですが、

習慣化するために必要なのは「自分自身が楽しみを見つけること」

ここでは実践編として、どんなことをしたら筋トレに楽しみを見つけられるかを掘り下げていきます

一つの部位を徹底的に鍛える

個人的には超オススメの筋トレ方法がコレ。

一つの部位を徹底的に鍛える」です。

 

例えばわたしの場合、

たるんだウエストを絞りたいと感じていたので、

ウエストを徹底的に鍛えていました。

ただ単に腹筋ばかりだと、きついだけですぐ飽きてしまうので、

毎日できる体幹ツイストを取り入れてウエストを絞ることに。

 

今では以前に比べウエストを絞るのって難しくないなって思えるようになりました

ウエストを絞るのって難しい?
ウエストを絞るのって難しい?いや、そうでもないかも青葉ヒロです😊 今日の記事は、わたしが最近発見したウエストを絞る方法について書いていきたいと思います。参考になればうれしいです。 ...

この時大切なことは、色んな部位を鍛えようと欲張らないこと。

ただでさえ習慣化できていない状態なのに、欲張っても途中で続かなくなってしまいます。

 

そうならないために、一つの部位を毎日やるのがおすすめ

毎日と言っても、もちろん筋肉痛の時や気分が乗らない時は休んでいいです。

毎日決まった時間にやることで、筋トレを脳にインプットすることができます。

 

とにかく鍛える部位は1つ。

 

これを正しい方法で徹底すると必ず成果が出ます。

 

そして成果が出ると楽しいって思えるようになります

栄養をしっかり摂り、寝る 

筋トレをすると、疲れるしお腹も減ります

これは筋トレの間接的な楽しみですが、

  • たくさん肉を食べてもいい!
  • たくさん寝てもいい!

という楽しみが増えるイメージです。

筋トレ後にそんな楽しい時間が待っているのなら、筋トレも楽しめるような気がしませんか?

成果を出すためにもしっかり食べて寝ることは大事

筋トレ時のタンパク質の賢い摂り方を徹底解説!【初心者向け】
筋トレ時のタンパク質の賢い摂り方を徹底解説!【初心者向け】 筋トレ初心者 「筋トレ後にはタンパク質を摂ることが大切と聞いたので、タンパク質をもっと摂りたいと考えています。筋トレ時に、どれ...

 筋トレの記録を眺める

これは記録を付けていないことには楽しめませんが、

筋トレの記録をつけていれば、それを眺める時間はすごく楽しい

わたしの場合、体組成計と連動する「Health Mate」というアプリを使って筋トレの記録を付けています。

筋トレの記録を眺めることは、

バシッとした成果が出てない時にも記録を見ると精神的に落ち着くという効果があります。

 

体を動かした時間は絶対無駄にはなりません。

 

自分が思い描いたスピードで成果が出なくても、大丈夫。続けることで必ず結果は付いてきます。

 

 

「筋トレって不毛―」という意見もありますが、わたしはそうは思いません

わたし自身筋トレをしたことで得られたことも多いからです。

 

筋トレやってて思うのは、

筋トレって

  • 悩みやコンプレックスを克服する手段であり、
  • 気持ちを落ち着かせ、
  • 同性異性どちらからもすごいと言われる

といった効果があり、

 

こういうのって人生をより良いものにするんじゃないかって思うんです。

 

だから「変わりたい!」って本当に思うんなら筋トレもその手段の一つとして本気で考えてもいいかなって。

 

もし筋トレが続かないという方は、こんな記事も書いています。

筋トレが続かない…そう感じた時の乗り越え方
筋トレが続かない…そう感じた時の乗り越え方【8選】筋トレを続ける方法を知りたいですか? この記事では、筋トレを続けるためのモチベーションの保ち方などを解説しています。 ボディーメイクをしたい人、自分の体にコンプレックスを抱いている人は必見です。...

 

以上です。

少しでも皆さんのお役に立てたら嬉しいです。

ABOUT ME
青葉 ヒロ
筋トレ歴3年ほど。 体幹ツイストでお腹の引き締め効果を実感。今は胸筋も鍛え中。 引き締まった体を作ったり、自由に使える時間を増やしたり、日々研究しています。