格安sim

【格安sim(MVNO)】UQ モバイル の運営会社とは

UQモバイルの運営会社とは

格安simヘビーユーザーの青葉ヒロです。

最近めっきりテレビCMをやらなくなった格安simの提供会社(MVNO)ですが、ごく一部の会社についてはテレビCMを増やしてきている印象です。

例えば、UQモバイルもその1つ。

深田恭子さん、多部未華子さん、永野芽郁さんといった有名女優を3名も起用したCMは、MVNOのイメージをいい意味で裏切っています。

 

そこで今回は、格安sim提供会社(MVNO)である『UQ モバイル』の運営会社について、一緒に見ていきたいと思います。

MVNO…Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)

格安simを提供している会社のことです。

UQ モバイルの運営会社

運営会社:UQコミュニケーションズ株式会社

設立:2007年8月29日

資本金および資本準備金:1,420億円

UQ モバイルという会社はありません

 

UQコミュニケーションズ株式会社の概要

UQコミュニケーションズ株式会社 会社概要~UQコミュニケーションズ株式会社 会社概要~

 

有価証券報告書によると、KDDI㈱は、UQコミュニケーション㈱を実質的に支配しており、子会社としています。

ワイやレスブロードバンドサービスを行っているUQコミュニケーションズ㈱(以下「UQ」)については、議決権の32.3%を所有しているため、日本基準においては持株法を適用しておりました。一方、当社はUQの筆頭株主であること、UQの取締役会の構成員の過半数であり、代表権は当社からの取締役が有していること、また、UQの事業活動は当社に大きく依存していることから、当社は取締役会等を通じてUQにパワーを有しております。よって、IFRSの適用にあたり、UQ設立当初から実質的に支配していると判断し、子会社として連結しております。

~KDDI株式会社 2018年3月期 第34期有価証券報告書 P36~

KDDI㈱の主力サービスは『au』です。

 

下に、事業系統図を貼っておきます。

KDDI㈱ 事業系統図KDDI㈱ 事業系統図

 

KDDIの事業系統図を見てみると、UQコミュニケーションの右側に『au』があります。意外なところだと、『英会話のイーオン』もありますね。

 

なお、『UQ モバイル』は、グループ会社であるKDDI(つまりau)の回線(au 4G LTE)を使用しています。

もともとauを使っている場合、UQモバイルに乗り換えても使っている回線は同じ―。それなら通信速度の心配をする必要はなさそうですね。

経営状況

近頃、ネットで『格安sim提供会社の経営破綻や倒産』といった書き込みを目にすることがあります。

(UQコミュニケーションってどうなの?)

と思われる方も多いのではないでしょうか。

 

KDDIの子会社であるUQコミュニケーションズの経営状況を知るには、KDDIの経営状況を知る必要があります。

KDDIは、毎年、報告書を作成しています。それに目を通すことで、ある程度は自分で調べることができます。

KDDI㈱ 有価証券報告書(KDDI HPへリンク)

ページ数が多く(190ページ)、わざわざ開いてもらうのも手間なので、リンク先の有価証券報告書P148に記載されたUQの売上高を見てみると、

期間:2016年4月~2017年3月  売上高:241,010百万円

期間:2017年4月~2018年3月  売上高:317,871百万円

と記載されており、1年間で売上が約1.3倍となっています。

気になって、利益についても調べてみたのですが、利益も売上と同程度の伸びでした。

CM効果があるとはいえ、すごい伸び率です。

会社案内パンフレットP32に分かりやすいグラフが掲載されていました。

UQコミュニケーション業績データ会社案内パンフレットP32

 

真ん中のグラフの営業利益が急激に伸びていますね。

営業利益=売上高ー売上原価ー「販売費および一般管理費(販管費)」です。

原価や販管費が変わらない場合、売上が上がると営業利益も上がります。

UQコミュニケーションは、高速モバイルインターネットであるWiMAXも提供しており、こちらの契約数も伸び続けていますね。

個人的には、売上や利益を年間で約1.3倍も増やしていくのは出来過ぎなため、いずれは伸びも落ち着いていくと思います。

今のところ、UQコミュニケーションに関しては、成長期の会社というイメージですね。

 

本当は、サービス内容について、もっと掲載したかったのですが、それについては他のサイトでも多数掲載されていたので、ひとまず他に譲ります(ちょっと悔しいけど)。

まとめ

この記事では、【格安sim】UQ モバイルの運営会社についてご紹介しました。

UQモバイルは、サービスの名前。

UQ モバイルの運営会社は、UQコミュニケーションでした。

UQコミュニケーションの親会社は、KDDI(サービス名はau)でしたね。

UQコミュニケーションは売上、利益ともに急成長しています。

 

簡単なまとめですが、少しでもみなさんの役に立てたらうれしいです。

青葉ヒロでした????

ABOUT ME
青葉 ヒロ
筋トレ歴3年ほど。 体幹ツイストでお腹の引き締め効果を実感。今は胸筋も鍛え中。 引き締まった体を作ったり、自由に使える時間を増やしたり、日々研究しています。 自分で間取りを描いた経験を通して、無料で描ける間取りの描き方をYouTubeでも紹介しています。 興味がある方は、下のYouTubeのボタンから「まどりかく」というYouTubeチャンネルを見に来てください。