格安sim

【格安sim】格安simのメリット、デメリット その2

【格安sim】格安simのメリット、デメリット その2

前回の記事では、格安simのメリット、デメリットについて書きました。

前回記事 『格安simのメリット、デメリット その1』

  • LINE(ライン)で友だち検索ができない
  • 支払いは、クレジットカード決済

今回も引き続き、格安simの特徴、メリット、デメリットについて書いていきます。

格安simの特徴

格安simに切り替える前に、知っておくといいことをまとめました。

キャリアのメールアドレスは使えない

デメリット

キャリアの名前が付いたメールアドレス(以下、キャリアメール)が使えなくなります。

そのため、キャリアメールをしか持っていないユーザーは、GmailやYahooメールといったフリーメールサービスを利用することになります。

キャリアメールを格安SIMのスマホに引き継ぐことはできません。(作業が必要ですが、データを取っておくことはできます。)

キャリアのメールアドレス

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)が提供している『ドコモ、au、ソフトバンクの名前が付いたメールアドレス』のこと。キャリアメールとも言われる。

例)

~@docomo.ne.jp

~@softbank.ne.jp

~@ezweb.ne.jp

 

メリット

キャリアメールでは、契約キャリアが誰にでも分かってしまいます。また、例えばauからドコモへの契約変更の場合もメールアドレスの変更をする必要も出てきます。

これは、フリーメールサービスのメリットでもありますが、GmailやYahooメールといった無料のメールサービスは、契約キャリアに縛られず利用できます。また、機種変更をしても同じメールアドレス、内容共に問題なく利用できます。

フリーメールサービスでは、メールのデータの格納場所がスマホ本体ではなくクラウド(GmailやYahooなどのストレージ)に保管されます。

端末はそのメールデータを読みに行くだけですので、端末を無くしてもデータが無くなることはありません。

 

続きは、また別の記事で書いていきます。

ABOUT ME
青葉 ヒロ
筋トレ歴3年ほど。 体幹ツイストでお腹の引き締め効果を実感。今は胸筋も鍛え中。 引き締まった体を作ったり、自由に使える時間を増やしたり、日々研究しています。