格安sim

【格安sim】初心者向け simカードの種類とは

【格安sim】初心者向け simカードの種類とは

格安simヘビーユーザーの青葉ヒロです。

今回は、格安simを検討している格安sim初心者の方へ、

『simカードの種類について』記事を書いていきたいと思います。

 

格安simとは、

『ドコモ、au、ソフトバンクの通信料より安い通信サービス』のことでしたね。

それでは、さっそくsimカードの種類についてみていきましょう。

simカードの種類は3つ

simカードには、『音声通話SIM』、『データ通信SIM』、『SMS対応SIM』の3つの種類があります。

スマホをどんな風に使いたいかによって、どの種類のsimカードを契約するか選びます。

「えっ、スマホって電話とインターネット両方使うんだよね。それって当たり前じゃないの?」

と思われるかもしれませんが、実はそれ、当たり前ではありません。

ここで重要なのは、電話(090・080から始まる)とインターネットの契約を分けて考えるということです。

例えば、電話はあまりかけないけど、インターネットはよくやるという方は、インターネットのみ格安simで契約することで通信量が劇的に安くなるといったことが起こります。

では、それぞれのsimカードの特徴について見ていきましょう。

電話・ネット両方したいなら『音声通話SIM』

電話もネットも両方使いたい方は、『音声通話SIM』の1択です。090・080などから始まる電話番号を使いたい場合は、これしか選択肢はありません。

ここで言う電話というのは、090・080番号の音声通話のこと。

050番号が付くインターネット電話は、関係ありません。

(インターネット電話は、全てのsimで使えます。)

料金的には、『音声通話SIM』が一番高いです。

ちなみに、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)は、この『音声通話SIM』を提供しています。

もちろん、この『音声通話SIM』を提供している格安sim業者もいます。格安sim業者の通信料は、大手キャリアの通信料より総じて安いです。

ネットのみ使うなら『データ通信SIM』

ネットのみ使う方は、『データ通信SIM』でOKです。

ネットのみとは言っても、050から始まるIP電話やインターネット電話はアプリから利用できます。

ただし、090・080などから始まる電話番号は持てません。また、ショートメールも使えません。

 

料金的には、『データ通信SIM』が一番安いです。安いものは千円切ります。

ちなみに、わたしがはじめて格安simにした時は、『データ通信SIM』を選びました。

データ通信SIM+SMSが付いた『SMS対応SIM』

データ通信SIMにショートメール(SMS)機能をつけたものが、『SMS対応SIM』です。

これが、一番分かりにくい。

 

今ってショートメール使う人がほとんどいないので、SMSの必要性を感じませんよね。

でも、スマホでラインやTwitterなどを使う場合、アプリから電話番号の認証を求められるんです。電話番号を入力し、認証を受けないと使えるようになりません。

スマホ1台で、ラインを使いたいという場合は、『SMS対応SIM』を選べばOKです。

ケータイ会社によっては、データ通信SIMにオプションとしてSMSが付いている場合もありますが、『SMS対応SIM』と、できることは一緒です。

例えば、好きな人との長電話はライン電話で、仕事などの普通の電話は050のIP電話で、という人は、『SMS対応SIM』でOKです。

 

料金的には、『SMS対応SIM』が2番目に安いです。

スマホとガラケーの2台持ちの場合など、ラインに電話番号を登録していないガラケーがあれば、ガラケーの電話番号でSMS認証が取れます。その場合は、『データ通信SIM』でOKです。

(わたしが格安simにしたときは、この手法を使いました)

simカード種類別比較

料金比較

ざっくりですが、料金のイメージは、

『音声通話SIM』>>『SMS対応SIM』>『データ通信SIM』

となっています。

『音声通話SIM』が一番高いですね。

できること比較

simカードの種類別に、できることを比較すると、

『音声通話SIM』ー電話(090・080)=『SMS対応SIM』

『SMS対応SIM』ーSMS(ショートメール)=『データ通信SIM』

という関係になっています。

 

次回は、インターネット電話について書いています。

ABOUT ME
青葉 ヒロ
筋トレ歴3年ほど。 体幹ツイストでお腹の引き締め効果を実感。今は胸筋も鍛え中。 引き締まった体を作ったり、自由に使える時間を増やしたり、日々研究しています。 自分で間取りを描いた経験を通して、無料で描ける間取りの描き方をYouTubeでも紹介しています。 興味がある方は、下のYouTubeのボタンから「まどりかく」というYouTubeチャンネルを見に来てください。